全部、超・売り手市場のせいだ!




お客さんが増えた気がする・・・

若いお客さん。たぶん高校生で

卒業したコたちだ。

やたらといろんな時間に

見るようになってきた。

加えて今日は週末ってこともあり、

昼もだけど、夕方・夜が

グッと増えたよ。

そしてその増えるお客さんに

対応するスタッフの数は

依然として増えないし、

若いスタッフがほとんど求人来ない。

私たちが若いころは、

飲食業、コンビニ、スーパー、

ガソリンスタンドなんかが多かった。

今のコはあまり働かない??




いや、もしくは、若いコが

働かないんじゃなくて、

若い世代は数が減ってるらしいから、

だって私たちは同年齢が

140万人くらいはいるけれど、

いまの大学生なんかは例えば20才だと

120万人くらいだもんね。

ちなみに地主の息子さん世代は

200万人くらいいたって!

地主の息子さん世代⇒大学生世代で、

200⇒120と半減してるんだ。

でも事業所は

増えてるんじゃないかなぁ?

赤いコンビニは右肩上がりで

増えてるんだって。

毎年更新してるらしい。




となると、いろんな事業所やら

店舗は増えている、そして

若年労働者は減っており

その取り合いが激化しているって

構図だよね。

そしたら若いコたちは

売り手市場ってことだね。

しかも、私たちみたいな飲食業は

今後は超・売り手市場が

ずーっと続くってことなんじゃないかなぁ?

ものすごくイヤだけど!

もしくは今後は企業・事業所間の競争が

激化し、自然淘汰も激しくて、

納まるようになるってことなのかな。

全部、売り手市場のせいだ・・・




その納まるって、いつになるか

分からないよね。

でも当分はこの毎週毎週

週末が逃げたくなるような時期は

続くに違いないよね・・・

飲食業って専門技術がいらない

場合が多いから、誰でも参戦しやすく、

だから競争も激化しやすくて

撤退も多い。

どこでもそうだけど、

開店のときは大々的に

CM打ったり広告チラシ出したり、

頻繁にやるけど、

閉店のときってひっそりと

閉めるのが寂しいよね。

そりゃそうよね、

撤退をみんなに喧伝したい人って、

気持ち的におかしいもんね。




そうそう、地主の息子さんに

付き合いのある業者から、

飲食店のフランチャイズ店舗譲渡の

話が回ってるんだって。

県内で1店舗、北関東で1店舗の

合わせて2店舗だって。

直近の利益が1000万、

2期前が1800万で、売り出し価格が

4000万だから、直近の

利益で引き直した

単純利回りは25%だって。

2期前の1800万から

直近の1000万に

大幅に減ってるんだけど、

これは県内店舗の近くに

競合が出て、

そっちがドミナントみたいに

大量出店してるから

煽りをくったみたい。




この周辺にも新しい業態ができて、

影響が全然ないってことはない。

でも同業者ではないから

そこまで大幅に減ってはいないから

救われてる。

でもね、今後も安泰かっていうと

その保証はないよね。

そこがちょっと怖いところ。

雇われていると、

お金のいただけるところが

一つしかなくて、

その事業所や店舗が脅かされると

一気に収入を失ってしまう

リスクがヤバいよね。




地主の息子さんみたいに

早く収益物件

買えるようにならないかな?

6棟98室くらいになると、

98室が3室くらい空室になっても、

まだ95室から

お金がいただけるもんね。

私はこの仕事がなくなったら

一気に稼ぎを失うからね。

早く稼ぎの分散ができるようになりたいよ・・・

いらん借金を終わらせて、

貧乏生活から脱するんだ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村