アクセルをベタ踏みするイメージ




昨日はランチを、

地主の息子さんとタボリさんと

食べた。息子さんが二郎系ラーメンに

最近行ってないってことで

一台に便乗して行ってきたけど

けっこう混んでいた。

私の仕事もそうだけど、やっぱり

休みの日には外食したい人が多いということを

改めて認識するね。

けっこう太いメンだから茹で時間が

長くて、でもいろいろ話すのが憚られる雰囲気の

お店だったから、まあお店の内観とか

メニューとか読み込んでいた。

その店の窓から、古びた5階建てくらいの

マンションが見える。すると地主の息子さんが

言った。

息子さん「あのマンション、最近売りに出てたよ。」

タボリさん「へー、そうなんですか?やっぱ情報早いですね。」

あいこ「でも、そういう情報って、どこで仕入れるんですか?」

息「あれはネットで誰でも見ることできたよ!」

息「でも一か月くらいで情報なくなったから、すぐ売れたんじゃない?」




あ「いくらくらいの価格だったんですか?

息「あれは、5800万くらいかな。でも利回り15%弱だから、

すぐ売れるかなとは過った。」

息「ただ、利回りいいけど、築年数が古いからね。RCで38年。」

タ「ええ!38年でもすぐ売れちゃうんですね」

息「まあ築古とはいっても、建物は50~60年は大丈夫でしょ」

息「長期間空室があると、配管がちょっと心配だけど、

まあ基本的には修繕ていどでイケると思うよ。」

タ「息子さん、情報確認したんですか?」

息「ネットで見ただけ。私は売却の件で手いっぱいだったし、

あの時は借入はもうお腹いっぱいかな、って」




あ「でもこの前、息子さんは返済比率がよければ買うって

言ってませんでした?」

息「まあね。でも商売の基本に立ち返ると、

いつもニコニコ現金商売が一番いいに決まっている。」

息「ある程度の借入金額になったら、

もう借りられないケースは多いからね」

息「投資の初期段階で目いっぱい借りるのはいいと思う」

息「いわば、クルマのアクセルをベタ踏みするイメージ」

息「でもある程度のスピードが出てきたら、アクセルは戻す」

息「借り入れを抑えて、現金を積み上げていくイメージ」

息「現金を厚くしていくのは、リスクも抑えるし」

息「銀行評価も高まり、この経営者はしっかりしてるという、

評価が上がる方に向いていく。ムダ遣いしないんだなって」

タ「私は、区分ばっかり買ってたから、

遠隔地の区分物件を管理会社にお願いしようとしたら、

拒否られました」

息「ええ、そんなの断るとこあんですか?」




タ「ありますよ。確か息子さんはそこにお願いしてんじゃないっすか?」

息「ああ。え、あそこ断るの?」

タ「そうですよ。私は区分じゃないですか、マンションの一室」

タ「そんな、一室くらいだと手間だなって感じですよ」

息「そっか。私はアパートだけど、18室だからな。」

タ「売上いくらですか?

息「タボリさんも聞いてくるね!あそこは月50万かな」

タ「うわーっ!そうですよね、私は一室で3万ですから」

息「うーん。私はよく分からない!」




結局は店内で小声だけど、不動産話に花が咲いた。

一棟で50万ですか・・・

あ「あそこも借入あるんですか?」

息「もちろん。でもあそこは二物件で返済は

月に30万弱だから、ぜんぜん余裕あるよ」

あ「二物件で一口の返済ですか?」

息「そう。もう一つは月30万の売上」

あ「っていうことは、月80万入ってきて、返済は30万弱?」

息「そうだね。ああ、こうやって確認すると

あの物件たちは改めて優秀だな!」

タ「すごいな!そんな規模感なんですか?」

タ「私は一室で月に3万から5万が9件だから

満室なら34万くらい。一部借入もありますよ。」

息「でも、ほとんど現金残るんでしょ?」

タ「あー、でも区分だと修繕積立金と管理費がかかるんすよ」

息「あーそれね!確かに区分はそこがイヤですよね」

・・・この人たち、話が尽きないね・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村