さみしくないといえばウソになる



あー。残り勤務がもう今日と明日の二日間に

なってしまったよ。昨日は特段に変わったことは

なかった。そうこれだよ、この平凡な感じ。

転職やクビなど、昨年の、全く自分の事態を

コントロールできない日々に比べたら、刺激は

ないかも知れないけれど、この平凡な感じを

過ごせた方がよっぽどいいよ。

でも、日々が過ぎるのは早いといえば早いし、

さみしくないといえばウソになる。

というよりはかなりさみしい・・・あんな端っこに

飛ばされるなんてこと、全然考えたこともなかったから。

私の想定は四国とか九州とか、そっちだったんだぁ。

まさかの東北。全くの未踏の地だよ、私にとって。

生まれ育った大阪を離れるのも初めて。

今までしか知らなかったってこと考えてみても、

距離だって全然けた違いだよ・・・

間違いなく私にとって、おおきな転機にはなるんだけど、

それだけに不安、というか怖い・・・。

上手くやっていけるのか、父だって順応できるのか、

私はまだ比較的若いからね、それでも抵抗はある。

それが、年取った父にはかなり不安なんだ。

でもこの大きなうねりの中では、どうしようもない・・・。

私なんか無力の人間には、他の選択肢はない。

住み慣れた土地に居続けるなんていう、

理想のことをやっていられるポジションにはいない、

これが私の置かれた立場。



でも雇用される側だったら、自分から事態を

大きく変えるのは、そんなに選択肢はないんだよ。

このピンチをチャンスと思って受け入れるか、

これをただやりたくないものとして

希望もなく飛ばされたと思うか、

最後の手段としてまた辞職して新たに

仕事を探すのか、やれる手はそのくらいしかない。

社員採用と同時に転勤する、私が今回

選択できる手は、最善と思う手は、いまできることは

これしかなかった・・・

何もかも遅いけど、借金なんかしなければ良かったと

いまさら思ってみても、そのときは借金することしか

頭になかった。昔を、こうすればよかったとか、

ああすればよかったとか、いってみたって

自分がコントロールできるのは未来しかない。

逆に考えたら、未来は自分のやり方一つでもある。

私の出方一つ、それが未来なんだよね。

そう、過去はもうどうしようもないけれど、

未来は自分次第。変えられるのは未来だけ。

これを肝に銘じることが大切なんだよ!



私が今度地元に帰ってこれるのはいつに

なるんだろうか?転勤で異動する前から

こんなことばかり考えるのもどうかな?って

思うけど、でも地元がやっぱり一番だからね。

年一くらいで地元に帰りたいけど、でも

帰るうちはないからなぁ。親戚に顔出すのも

母の借金の手前、挨拶もしずらいし、

何より帰郷する場合はその寄る辺は母だけど

いまどこにいるか分からないし。この間、

偶然見かけたその付近の周囲を、ワケもなく探したって

しょうがないしね・・・時間のムダ。

底辺の人間には苦悩の日々しかないんだ。

私はそれに打ち勝つけどね。だって、

やってやる、私にはそれしか残されていないから!

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村