正義は必ず勝つ。悪の栄えた試しなし!!



悪い事をしていたら、いつか必ず悪事は暴かれる日が来る。

歴史に学ぶ、いつの時代も悪いことをしていたら長続きなんてしないということ。

今まで個人であろうと、企業であろうと

色んな悪い事をしていた人たち、企業も暴かれてきた。

前も言ったかもしれないけど、

こうやって情報化社会になって、

簡単に情報が手に入る時代だからね。

大手牛丼チェーン店のワンオペなど。

他にも色んなことあったよね?

大学生に学業も励ませないように無理矢理シフト入れて、

ブラック企業にノミネートされたしゃぶしゃぶ屋さんとか。

そんなの数えだしたら1日経っても数え切れないし。

山一證券とかもそうだしね。


別に今までこういう悪事をしていましたね。

っていう過去を振り返りたいわけなじゃないよ。

悪事をしていたら、必ずいつか暴かれて、企業は衰退するってこと。

たぶんね、うちの会社もいつか必ず暴かれる日が来る。

その公にするのが、私なのか、それとも違う人なのか?

それは分からないけど、

上層部の隠蔽体質と、パワハラとか嫌がらせが日常化してるしさ。

しかも、うちの会社はこんな不景気で外食産業が厳しいって言われてる時代でも

かなり業績を伸ばしてるからね。

その伸ばしてる業績の中で被害を受けてる従業員がいる。

しかも、上からのパワハラでどこの店舗に行っても

続くパワハラと続く嫌がらせ。


本音を言うと、今すぐにでも辞めたい。

朝早く起きるのも辛いし、満員電車で通勤も正直しんどい。

帰りの満員電車はホントに疲れるからね。

私の場合はなんだかんだで2時間半くらいかかるからね。

もちろんこれ片道だからね・・・

悪事が暴かれて、早く普通に働きたいと思いつつも

悪事が暴かれると必ず衰退するからね。

そうなると、ホントに自分の仕事さえ危うい・・・

借金持ち、多重債務、父の面倒、介護の必要。

そういう事を長い目線で考えると、何とも言えないんだよね。

辞めたところで、次正社員で働かせてもらえるはずもないし。

どうする事が1番いいんだろうね?

そりゃ普通に働けて、借金も完済して、介護の問題も解決できればいいんだろうけど。


でもさ、そんなの誰でもわかるけど

そんな甘くないんだよね・・・人生。

何かを我慢しなくちゃ何も得られない。

私も今そういう状況にいるんだと思う。

本音を話すと、今生きてて辛い。

パワハラとか受けて笑顔でいれるほど人間もできてない。

仕事終わり、帰りの満員電車に疲れて各駅停車でゆっくり帰る時もある。

そういう人生に疲れて、ふっと気付いたら涙がこぼれそうになる時がある。

この会社に入る時、こんな私に夢を見せてくれた。

こんな学歴も職歴も、ノーススキルな私に頑張れば先のポスト

昇格もあるからね。頑張って。

その何気ない一言が嬉しくて頑張ろうと心に誓った。


あー私みたいなこんなバカな道ばっかり選んできたのに、

この会社はこれからの頑張り次第で夢を見させてくれる。

そんな良い会社だと思ってた。

だから、少しでも期待に応えたかった・・・

でも、現実は違った。

夢も消え失せ、これからの人生を考えるとただただ不安しかない。

ただお金を貰うために、嫌がらせも必死で我慢して何時間も電車に揺られて

職場に向かう。

昨日も、今日も明日もこれから先もー。

体が壊れないうち、心が崩壊しないうちは大丈夫だけど

なんとか気合いだけで奮い立ってる状況だからね。

いつこの体がダメになるか分からない。

それが、もしかしたら今日かもしれないし、

明日かもしれない。


夜、明日もまた仕事かと思うと頭が痛くて眠れないときだってあるし

職場に向かう電車で吐きそうになる時もある。

どんどん職場が近づいてくる度に辛くて泣きそうになる自分を、

押さえつけて職場に向かう。

今もそんな感じ。

必死に頑張れ、と自分にムチを打つ。

まだ私はやれる!

じゃないと、父の生活も私の生活も終わる・・・

お金も余裕ない、年老いた父に1日1食しか用意できない。

そんな情けない、不甲斐ない自分が情けない・・・

ごめんね、お父さんも我慢して生きてる。

だから、私も壊れるまで我慢して生きなきゃ。

終えることは凄く簡単だけど、

でも、続ける事とか維持する事は難しい・・・

この生活を1年続けていける自信もないしさ。

何か希望の光を見つけなきゃ(。▰´▵`▰。)
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑今日も必死で踏ん張って生きてる。

どん底だけど、私がやらなきゃ誰も助けてなんかくれない。

そういう生き方をしてきた父も私の責任だしね。

壊れるまで必死でやってみるね!