何度裏切られたとしても、前を向いて生きる覚悟があるか?



何度でもバカを見る。正直に生きることが辛くなってきた・・・

母の借金が発覚してからは、

貯めたお金を返済に回してほしくて、

自分の借金なんてどうでもよくて、

その一心でお金を全てを渡した。

➡結果、私は裏切られることになった・・・

借金の苦しみを知ってるから。

給料日にこれだけ返済してもまだこれだけかかる。

その間、目減りした給料で生活しないといけない。

その心の負債、心の負荷、ストレス、精神的重みがわかるから。

少しでも早く解放されてほしくて、

そんな思いも関係なく裏切られ。

そして、また父に母と離婚する。

そういう話を聞いて、いざその大詰めで裏切られ。

そして、また今回。


また裏切りの時間が待っているのか、

それとも次こそは表が出るのか・・・

彷徨う父を見て、最後の砦は私しかいない。

何だかんだ言っても血の繋がった親だからね。

こういう状況を生み出した原因は父にもある。

だから、もう知らないと切り離すのも選択肢にはあったと思う。

頭の中じゃ冷静にそういう冷酷な判断を下すつもりだった。

でも、出来なかった・・・

痩せ細って、疲れ切った父を見た。

胸が締め付けられそうになった。

あの気持ち、あの感じを私はたぶん一生忘れられない。

傷付いた二人。

もうやり直すには遅いと思ったけど、

でも、死に物狂いで頑張ればまだなんとかなるんじゃないか?



変われない。

変われない。

決して変われない。

そう自分の心が悟っていた。

絶対に人は変わる事なんて出来ない。

母の時にそう学んだんじゃなかったの?

また傷を負っていきたいの?

介護ホントに出来るの?

そんな不安な事ばっかり頭の中で考えてしまってた。

でも、そんなの決まってないじゃん。

変わるか、変われないかなんて

人の気持ち1つで変われるんだから。

だったら、もう信じてみよう。

そう思ったんだよね。

信じるなら最後まで信じる。

そう決めたのに、今日の父を見て一気に不安になった。

私は血で血を洗うような、

狂気染みた感覚を乗り越え、決意を固めて父を向か入れた。

でも、実は父は違ったのか・・・?


ただ今の生活が苦しくて、辛くて逃げられるなら

どこでもよかったんじゃなかったのか?

何にも変わらない、

軽い認知症があるのは分かってるけど、

でも、まるで感じられない。

母の生活を間近で誰よりも見てきたのは父だけど、

母の毒にやられてしまったのではないか?

父ー。服毒に至る。

助けてくれたらもうそれでいい。

後は知らんぷり。

反省したフリ。

感謝してるフリ。

どうしても今、この不安が凄く大きい。

仕事のことも相変わらず色々あったけど、

その事よりもやっぱり父の事が気になる。

明日は元スーパートレーダー岡田さんとの食事会の予定。

全くそんな気分じゃないよ・・・

約束してるから行くけどね。

誰よりも苦しんできたのに、

なんでまた誰かを傷つけようとしてるんだろ・・・(。▰´▵`▰。)
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

今でも胸を締め付ける。

苦しみとか、悲しみとか、裏切られた気持ちを知りながら・・・

でも、挫けなかった!!

もう裏切られるのはたくさんだよ(>_<)