お金だけで繋がってる人間関係。虚しいだけだね・・・



母へ考え出した金策を伝えた・・・

借金を借金で返すという愚かなやり方しか思い浮かばなかった。

しかも、その借金も母や私名義でなく父名義。

私自身でもこの選択肢はないなぁ・・・

と思ってた。

この場は凌ぐことが出来たとしても、

今後すぐに困窮するなんて目に見えてるからね。

それだったらいっそ諦めた方がいいんじゃないだろうか・・・

他に1週間程度で35万ものお金を得る方法なんて、

借りる以外、全く思い浮かばない・・・

母からは金策をしとけ。なんて言われたけど、

私は別に実家の経理担当でも何でもないからね・・・

今まで散々アドバイスを全て無視してきて、

ピンチになったら頼む。って・・・



そんなふざけた話ないでしょ!?

どこの社長さんですか・・・

私だって毎日必死に節約して、節約して

食事も我慢して我慢して、

毎日を生きてるのにさ。

母は一体好き勝手してるだけのように見える。

母に夕方電話で伝えたよ。

35万円用意できる方法なんてたぶんないよ。

父の名義でクレカ作るしかないんじゃない?

母もその考えはなかったらしく、

父がアルバイトから帰ってきたら話すみたいだよ。

どう考えたってうん!なんて答え返ってこないと思う。

どうせうまくまた抱き込むんだろうなぁ・・・

それ以前に審査にすら通る気がしない。

通ったとしてもそんな大きな金額のキャッシング枠を

貰えるとは思えない・・・

年金がいくら貰ってるかそれがわからないからね。


おまけに時期的にお盆だし、

審査もすぐにしてもらえるのかさえわかんない。

そもそもこんな選択に何のメリットがあるのかわかんない。

まだ他に何か良い案があればいいんだけど・・・

最初、母は甥っ子のけんご君にまたお金借りようと思ってたみたい。

それだけは止めて。

ホントにお願い。

もうこれ以上、甥っ子を苦しめないでほしい・・・

たぶんお願いしたら、貸してくれるかもしれない。

もう借りるってよりも貰うって感じに近いと思う。

それだけはさすがに許されないよ。

もうホントに勘弁してよ。

どうせ返せないんどころか、

返す気もないんだろうし。


もうダメだ・・・

どこまでも落ちてく気がする。

母の借金を自己破産したとしても、

全く今後のことを考えると生活が全く良くなる気がしない。

周りの人間関係を見てたらわかる。

いつもお金の話ばっかりだしさ。

お金の問題が解決したらみんなすぐに離れてくと思う。

今はまだわかんないと思う。

でも、今後いつかわかる日がくると思う。

その辛さから逃げるようにまたギャンブルに走ったりしないかな?

その時にお金があることが1番危険な気がする。

どうすることも出来ないよ・・・(*´Д`

一度落ちたら抜け出せない地獄の入り口をくぐり、

既に今ど真ん中にいる感じだね・・・



関わる者、全てを不幸に巻き込む。

そう言っても過言じゃない。

実際にそうだからね・・・

母の周りにいる人たちに笑顔なんて全くなく、

あるのは地獄の日々だけじゃん。

お金を吸い上げられ、

その時だけ感謝したように安っぽい言葉を投げかけ、

もうお金を吸い上げたら後は知らんぷり。

もう私ぁ知らないからねーと逃げの一手。

人生、苦だけの日々。

法テラスの話もしたし、

だいたいの待ち日程と電話番号も伝えた。

ホントに行くか、行かないかは

わかんないけど、後は母自身が決めること。

自己破産してもしなくても、ここから人生をやり直すこと

出来るんだろうか・・・?

私にもわかんない・・・

正直ホントにもう関わらない方が良いの分かる。


関わって何になる?

家族だから?

今までの非道の数々を受け入れることが出来たのか?

その全て受け入れて生きることが出来るんだろうか・・・

全くわかんない・・・

自分で自分の首を絞めてる。

誰かにそう言われた気がした。

確かにそうかもしれない。

自分で自分の背中を押して、崖から飛び降りようとしてる。

そんな感じだと思う。

たった今気付いた!!

母と関わってお金の話以外全くしていない・・・

たぶんそれが全てなんだろうね・・・

もうこれ以上傷つくのも嫌だけど、

周りも傷ついて未だにお金を返してくれるのを待ってる

人たちがたくさんいる・・・

ごめんなさい・・・

今の母はその日暮らしの生活。

明日の生活なんて考えられてないんだ・・・

もう残された時間はほとんどないね(。▰´▵`▰。)
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

もう私もどうしていいのかわかんない。
自己破産する前に訴えられて終わりか・・・
それとも・・・