世間の風も外の風も冷たいねっ。泣きそうだよ・・・

ナイフのように心に突き刺さる言葉が辛い。

変わらない毎日にどうして良いかわからなくなった・・・

誰かに助けを求めようとしても、この時代にはお金がないと何も出来ない。

行くアテも無く、ただ迷いさまよってる感じ。

たぶん疲れちゃったんだな私。

母の嘘と現実とのギャップに。

口を開けば、吐息を吐くように嘘をつくし。

そして次の日はギャンブルで大負け。

信じて裏切られて、

また落ちていく・・・

こんな毎日を積み重ねて一体何になるんだろ!?

いつまで人生の坂道は続くんだろ。

私の信じたいっていう芽をあっさり刈り取る母。

ワガママを聞いてほしい。

もう借金は年月かかっても返すから、

嘘だけは勘弁してほしいんだ。

過去の過ちを責めて立ち止まって、

後悔する日常なんかより、



未来に向かって前向きに話してる方が良いじゃん。

でもさ、そうしたくてもさせてくれないんだ!!

次の日には何事もなかったように

裏切るんだもん。

もうこんな家族ならいらないよ!!

何回も口からそう漏れ出しそうになった・・・

でも、それだけは何があっても言えない。

こんな状況でもまだ、

何か私には出来ることがありそうな気がして。

でも、それが何なのかわからない。

こんな形で家族とか人生を終わらせたくなくて。

なんか、

1日中そんな事ばっかり考えちゃうんだよね。

いっそ家族なんて捨てて自分の事だけ考えて生きたら

どれだけ楽なんだろって思っちゃう。

こんな気持ちじゃいけないのはわかってる。

また昔みたいに家族の笑顔に会いたいじゃん。

だから、私自身では解決出来ないってわかってる問題に向き合い

時に無力な自分に泣きそうになり、くじけてしまいそうになり、

でも、私がしっかり支えなきゃって思いにも駆り立てられる。



やる気のない人間をどうすればやる気にさせられるんだろ?

やる気のない人間、変わる気のない人間を変えるには

一体どうしたらいいんだろ・・・

おまけに平気で嘘つくから本心はどう思ってるのかさえわからない。

もう何か嫌だなぁ。

毎日、毎日、こんな事ばっかり書いてて

完全に私病んでる人だし・・・

実際病んでるし仕方ないけど・・・

でも、こんな毎日病んでる女のブログでも

読みに来てくれる人がたくさんいて、

きっとその内の何人かは応援してくれてるんだよね?

ホントにありがたいなぁ。

今それだけが心の支えになってる。

誰だって楽しくて面白いブログの方が良いのは決まってる・・・

今の私には明るく楽しく貧乏・貧困を楽しむってことが出来ない。

ごめんなさい(´;ω;`)

いつか昔みたいにビンボーを楽しむ女に戻りたいんだけど。

逆境はすごく慣れてる。

だけど、こうも毎日変わらず裏切りが続くと

私でも心病む。

しかも、それが母親だと思うと・・・

あの日、流した涙がいつか満面の笑みに変わる日がくればいいな。

一体何年、何十年先なんだろうね。



もう今度こそギャンブルから足を完全に洗ってほしいな。

何かギャンブルを辞めさせる良い方法はないかな?

1日中そんな改善策を考えて終わる日常。

ギャンブルから逃げ出したい。

嫌いな言葉➡ギャンブル、ぱちんこ、競馬

聞けば聞くほど吐き気がする。

ギャンブルしてて楽しいのはほんの一瞬だけ。

だけど、後悔する時間は一生・・・

しかも、その間もずっとギャンブルの誘惑は襲ってくる。

少しだけ、1000円だけ、

しかも今日だけは良いよね?みたいな誘惑がさ。

ホントに誰かに耳元でささやかれてる感じがするの。

ギャンブル依存に陥った人ならわかってもらえるはず。

しかも、ぱちんこにはまってた人なら

ぱちんこ屋さんの前を通るたびに誘惑があると思います。

今日は給料日だから1万円だけの勝負だっ!

みたいなさ。

でも、店を出るころには3万くらい負けてるんだよ。

それでその3万を取り戻そうとして大やけど。

ここでその3万円をあっさり諦められる人は

ギャンブル依存症になんてならないと思う。

誰もが負けたままじゃいたくないと思うじゃん。

勝てばまた行きたくなる。

負ければ取り返したくなる。

どちらにしろ気付いた頃には絶望しか待ってないよ。

ホントの勝ち組はギャンブルしない人。

私の人生も、母の人生も、

そして父の人生も、親戚の人生も

ギャンブルでぐちゃぐちゃだっ・・・

返して。返してよ。あの頃の家族を・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

↑私の人生は失い続ける人生なの?
もう何の甘味も残ってないの?

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑甘味の尽きたガムのような人生だなぁ・・・
でも、歩いて行かなきゃいけない、こんな人生だけど。