この裏切りもんがぁぁぁぁぁ!!!

昨日、母と話す予定が親戚からの電話で夜を明かした・・・

もうすぐ春が訪れ、

世界は桜のピンク色に染まるのに・・・➡少し気が早いけどねっ。

それなのに、うちの母がまた水面下で動いていた。

それも親戚の電話で発覚した。

電話の内容によると、仕事を失ってお金がないから仕事見つかるまでの

当面のお金を貸してくれないかと?

しかも、その額50万円!!!

簡単に50万って言うけど・・・

どれだけ汗水垂らせば稼げる金額なんだよ・・・

でも、今回は見事に未然に防げた。

絶対貸さないでよ。

貸しても返せないし、どうせギャンブルに使っちゃうんだから!

えっ・・・あいちゃんのお母さんギャンブルしてんの?



そうだよ。

知らなかったの?

前に貸してくれたお金もギャンブルで溶かしたんだから。

本人は競馬とか言ってたよ。

今はぱちんこに通ってるよ。

なんで止めないの?

いや止めてるけど、止められないから。

私も離れて暮らしてるから毎回監視なんて出来ないよ。

てかさ、色んな理由をつけてお金を借りようとするんだね・・・

よくそんな理由が思いつくもんだよ。

もうギャンブルも借金もしないって約束しては裏切られ。

その繰り返し・・・

この裏切りもんがぁぁぁぁぁぁ!!(´;ω;`)

何度も信頼や信用をぶち壊して一体ホントにどうしたいんだよ・・・

怒りで頭が沸騰しそうになる半面、

悲しみで心が静かに引いて行く半面。

やっと、やっと・・・

仕事探して真面目に働くんだなぁと思った矢先の出来事。

ホント何を考えてるんだろう・・・

先週あんなに話し合った時間は何だったの!!?

もう何も考えられないのかな?

こいつはダメだ・・・

自分の母だけど悟った・・・

もう完全にギャンブルの渦に飲み込まれて完全に抜け出せない。

しかも、平気で嘘をついて周りの人間まで傷つけて巻き込んでいく。

〝歩く人間負債〟

もうそう名付けさせてもうらうよ・・・

そこにいるのは、私のお母さんなんかじゃないんだ。



どこかの収容施設にホントに入れたい。

私がギャンブル依存症から完全に断ち切った時にテレビで

ギャンブル依存症患者のみを収容する施設があるって聞いたよ。

場所が九州だったような気がする。

しかも、年齢層は若い男性~中年男性くらいだった。

女性はいなかったように思えるんだけど、

女性でも入所できるのかな?

もし出来るなら、施設に入れなきゃダメかもしれない。

そうするとボケかけた父1人になっちゃうから、

私も実家に戻らなくちゃ。

でも、まだそっちの方が良いよ。

ただ毎日を平穏に暮らしていきたい。

貧しくても、裏切られる毎日よりかは遥かに良いよ。

こんな毎日にいたら私まで頭がおかしくなりそうだわ。

もう十分頑張った。

やっぱり前のスーパーでレジのお金を盗ろうとした時に

警察に突き出してくれればこんな事にはならなかったのになぁ。

こんな高齢になって前科持ちなんて悲しいって考えてくれて、

温情でクビだけで許してくれたんだろうし、

そんな事、言えないよなぁ・・・

どうしたらいいかわからなくなったけど、

関西でそんなギャンブル依存症患者を収容する施設があればなぁ・・・

こういった施設って公的機関じゃなかったはずだし、

お金も結構かかっちゃうのかな?

もしくは仕事も斡旋してくれて、その働いたお金から施設費用を

天引きみたいなシステムなのかな?

うちの母みたいな60過ぎたおばさんでも入所できるかな?



はぁ~

今日は少し暖かくて気持ちいいなぁ。

久し振りに気温だけは恵まれた気がする。

行き先のないこの気持ちを少しだけ救ってくれる。

悲しみの溢れた日常。

裏切りが日常茶飯事になった日々。

そんな嘘に仕事終わりに何時間も付き合いながらも
希望を探そうとする深夜。

私の少しでも早く立ち直って欲しい気持ちなんて

もう伝わらない・・・

私の想いはどこへ行けばいいの?

もうかける言葉なんて何も見当たらないよ。

色んな人の意見を聞いて、色んな選択肢をもらったけど

誰の意見を聞けばいいのかわからないっ。

ホントに変わってほしかった。

60過ぎてギャンブル依存症なんて辛すぎるよ。

ただ僅か、僅か、ほんの僅かに残っていた

希望に掛けて向き合ってきたけど、

もう限界にきた。

信じる価値もないっ。

後悔だけで綴った日常・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

↑ごめんなさい。私もさすがに信じる事に疲れました・・・
立ち上がらなきゃダメなのに、立ち上がれない。

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑どうしたらいいんだろうね・・・
私ではもうどうする事もできないよ・・・